teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ネコの勝手さ

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年11月 3日(金)15時14分10秒
返信・引用 編集済
   本質を逆手にとった形容はおもしろいですよ。過去ログ(2009・2・8)からのコピペ紹介です。144554

 例えば、責任感のあるネコ。 媚びないイヌ。  太ったサンマ(魚の)。 痩せたブタ。 羊毛のない羊(キモイ)。角のない牛。 猪突猛進しない温和な猪。 美しいゴキブリ。 クビの短いキリン。 鼻の短い(普通な)ゾウ。 飛ばない鳥(これはざらにいるか)。

 さらに、動物以外に目を向けると―、

 やわらかいダイアモンド。 硬い豆腐。 熱い氷(摂氏80度)。 むさくるしいそよ風。 晴天の雨。 暑くない赤道。 寒くない北極―この辺になると、笑えないですね。

 さらに皮肉交じりではー。

 誠実な政治家。 まじめな社保庁職員。 責任感ある区職員。 親身な指導の巨大予備校。 勉強をする大学生。 大人の言いつけをきちんと守る小学生。 携帯を手にしない若者。 電車内で化粧をしないOL。 漫画を見ないビジネスマン。 漫画を見ない首相。 岩波新書を携帯する大学生。 文学にあつい若者。
―こうした言い方だと、年寄りの説教みたいですね。
 (しかし、昭和はよかった)。

 しかし、何といってもおもしろい主役はネコ。ネコへの形容です。

 正義のネコ(人のものは掠め取らない)。 律儀なネコ(飼った恩は忘れず、元主人に会えば、挨拶する)。 弱いものを苛めないネコ(逃げ回る小動物を追いかけない。むしろ他のネコから守ってやる)。 魚を食べないネコ(菜食主義)。 家庭教師ネコ(飼い主の宿題を解いてやる)。 留守番ネコ(留守番電話の替わりに応答してくれる)。 風邪をひくネコ(マスクをかけてる)。 点滴をしているネコ(蒲柳の質でね)。 リポビタンDを欠かさないネコ(主人の習慣が移った)。 義理と人情の侠客ネコ(任侠道を一人行く)。 思いやりのあるネコ(他の立場にたって、物事を考えられる)。

 しかし、現実のネコは無責任で、自分勝手で、他人の都合も考えず、弱いものにはすぐ手を出し容赦ない。強い者からはすぐ逃げる。食べ物をねだるときは、ニャオ~、と媚びて、意地汚く食べて、その後始末もろくにしない(し、顧みない)。正義の観念のかけらもなく、平等、人権の考えの一くさりもない。自分さえよければ、という典型。ろくな働きもせず(就労意欲が皆無)、毎日ぶらぶら、かといって勉強に励むわけでもない。これといって趣味もなく日がな、のんびり、ぐうたら、している。
 (でも、こういうタイプ、どっか人間にもいるのでは)。
 だから格言。「食べたあと、すぐ横になるとウシになっちゃうよ」 ではなく→「ぶらぶら横になってばかりいるとネコになっちゃうよ」


 あ、きょう日曜のサンデープロジェクトに、内田誠さんが出ます(〝派遣〟の問題。先週の続編)。10ch、TV朝日。
 
 

掲示板へのエネルギー

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月25日(水)09時36分1秒
返信・引用
    でも、根保さんのエネルギーはどこから生まれるのでしょう。
   ただ、何か書く、適当な文章で掲示板を埋める、ということでは、小生もふくめ、どなたもやれることでしょう。自分のこと、自分の好きなこと、得意な分野を書けばいいのですからね。
   でも、他人のこと、人の作品をあげつらうとのなると、別のエネルギー、力量が必要になります。まず、そうした作品をよむこと、読もうという気持ちはなまじっかなものではないと思います。

    僕らがなぜ文学をやるか、というと好きだからですが、しかしそれは、漱石や芥川や堀辰雄や太宰治など、好きな作家さん相手だからであって、じぶんの好みのものでない作家は当然読むわけはない。ハードボイルドだと言って大藪春彦を当職が読むわけはない。推理小説でも冒険小説でも、好きな人はそれが趣味なのだからそれでよい。だが、僕らが文学に求めるのはそういうことではない。今更だが、生きることの意味、感触を得たいのだし、自分が何を求めて居て、どういう時代の、どういう場所になじみを感じるのか、知りたいのだ。いわば、生のありかを確認したいのですね。
   単に、おれはこんなに書けるのだぞ、とか、おれの才能をみてみよ、みたいな自己顕示は、歳も歳、自分の関心ではない。若い人は、自分が何者かの、自分探しゲームの一つとして、自己の才能を発見したら、それで一つの満足を得たらそれでよかろう。これは、自分の美貌を改めて発見し、恍惚となる経験と同断だろう(が不幸にして、多くの人にそうした恍惚は現れない?)。
   好きで読むのではない作品批評、作品をダシにして自分を語る手の、作品評は、多くの同人誌の諸子にはイマイチかも。ま、それでもないよりはいいかな。

 

「群系」の次号楽しみにしてます

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年10月25日(水)04時57分46秒
返信・引用
  選挙も終わりましたので、そのうち「群系」の作品をホームグラウンドで感想書き継ぐ予定でいます。手元に同人雑誌十数誌溜まってますので、その合間に感想やるつもりでいますので、ご容赦を。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs/

 

あ、たまには泊まりがけで。

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月24日(火)18時57分28秒
返信・引用 編集済
    あ、存じ上げています。
  根保さんは、相変わらず、旺盛な筆力で感心しています。
  マイホーム、出来ましたが、時には泊まりがけでよそにもおいで下さい
  マイホームのリンクがあると、今度は人々もお宅へおじゃますることになります。
  よろしく、ね。
  
 

管理人さんへ・・・マイホームができましたので・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年10月24日(火)15時49分10秒
返信・引用
  ・必要連絡事項以外は書き込みする時間もありません。
ホームグラウンドを立ち上げましたので、
書き込みはそちらでやりますので、悪しからず・・・

http://6909.teacup.com/nebo/bbs/

 

大政翼賛会の民主主義

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月23日(月)17時47分19秒
返信・引用 編集済
     帰宅途中に、朝日夕刊と日刊ゲンダイを購入した。朝日の見出し、「自公3分の2、首相続投」、対して、ゲンダイは「自公3分の2、改憲大政翼賛会」とあった。単に首相続投だけでなく、問題の本質を大手メディアは書けないでいる。この絶対的多数の獲得は、黙れ、下民!の大政翼賛会ではないのか。
   自由にものをいえない、正論を言おうにも、右顧左眄、上の顔色をうかがうようになれば、より民意を反映した意見など出なくなろう。もはや、このことは、国家社会のその前の職場でなされ、皆窮屈な思いに駆られつつあろう。それでも以前なら職場を変えるなどできたろう。しかし、これからはどこへ行っても上意下達の、一方的な命令が支配することになるやもしれぬ。
   それでもこの国は、多少過去の経験の、いわば免疫があるからよかろう。北朝鮮なんか、民意どころか、民主主義の経験がないものだから、少しでも意見が異なったり、抗弁しようものなら、抹殺がまっている。
   いま、そんなには未熟でないはずのこの文明国でも、本当の民主主義とはどういうものか、問われつつあろう。
 

自由な意見交換の場として、またどうぞ。

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月23日(月)16時28分21秒
返信・引用 編集済
    この掲示板の有効利用を考えましょう。
   本来なら、この板は、文藝思潮誌主催の、関東の同人誌の作品について論じようということで設置されたのですが、そう何度も同人誌の交流会を開けるものではなし、なかなか書くにことかくときもありましょう。でもやはり閲覧者があるかぎり、自由な意見交換の場となるのが望ましいですね。
   題材・テーマはなんでもよく、文学だけでなくても、いいとおもいます。たまたま選挙があった直後なんですから、現代の日本社会のおかしさを、どんどん自由に言ったらいいと思います。

  自由な物言いの場、これこそ今まで人類が望んできたものではないでしょうか。せいぜい、その恩典を利用しようじゃありませんか。
   いちおう、設置者としての当方の名前を明かしておきますと、小生は、群系発行人の永野悟です。
根保さん、またよしくです。
 

「同人雑誌」の感想書いてあると、書き手は時間を置いても何度も読み返すもの

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年10月23日(月)14時44分49秒
返信・引用 編集済
  ・管理人さん、閉鎖することはやめてほしいものです。
感想や評は読み返されるものです。

・多分、今でも少なくても毎日、60、70人はアクセスしているはずです。

http://6909.teacup.com/nebo/bbs

 

閲覧される権利

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月23日(月)09時36分28秒
返信・引用 編集済
    民主主義とは、言いたいことが自由に言えること。
  そのためのこうした掲示板は、ネット社会の、賜物だ。
  しかし、そこにはもう一つ、大事な要素がある。
  それは、閲覧者がいることだ。
  言論の自由とは、言うことと、それが皆のもとに届いている、物的な保障も不可欠なことだ。
それこそ、閲覧される権利を言うのだろう。

http://www.sanspo.com/shakai/election2017/giseki.html

 

Re: たった一時間のあいだに

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月23日(月)09時09分8秒
返信・引用
  > No.1968[元記事へ]

管理人 iPadさんへのお返事です。

> 143664
> ー143650
> =14
> 先程から、ちょうど一時間経過。
> それでこれくらいのアクセスがあるのなら、この板は死んではいないか。たった一時間のあいだに
 

たった一時間のあいだに

 投稿者:管理人 iPad  投稿日:2017年10月23日(月)09時05分2秒
返信・引用 編集済
  143664
ー143650
=14
先程から、ちょうど一時間経過。
それでこれくらいのアクセスがあるのなら、この板は死んではいないか。たった一時間のあいだに

http://www.sanspo.com/shakai/election2017/giseki.html

 

この板、閲覧者はあるのか?

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月23日(月)08時00分37秒
返信・引用 編集済
  アクセス数
143650
10月23日

あまり閲覧なければ、閉鎖しますか。
                                              設置者

l

 

隣は何をする人ぞ

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 9月17日(日)18時20分42秒
返信・引用
  ■根保さんが書き込みしなくなったら、
荻野央氏も、高岡さんも、書かなくなってしまった…。
不思議だなァ~。


【Trance・BBS・EXPRESS】--------------------文芸掲示板のかわら版-----------------------------◇


「群系掲示板」           http://8614.teacup.com/snagano/bbs
                 ・9月24日の合評会の告知/パーティー動画の反応。

「関東文芸同人誌交流会の掲示板」  http://9301.teacup.com/douzinnnzassi/bbs


根保孝栄の文芸掲示板        http://6909.teacup.com/nebo/bbs
                  ・直木賞女流作家の桜木紫乃と北山幸太郎と同人誌「北海文学」


全国文芸同人誌評掲示板       http://6928.teacup.com/377612377612/bbs
                  ・「群系」38号創作欄評/ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」コメント


「カプリチオ掲示板」         http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs
                   ・掲示板小説3  石井利秋作『灯台』評/小川原健太
                   ・掲示板小説4  『地下聖家族』草原克芳、連載スタート




 

ひさしぶりに貼っておきます

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 9月 5日(火)07時00分14秒
返信・引用 編集済
  ~静かですねえ(笑)
ひさしぶりに貼っておきます。
今回は、コメントなしで。



【Trance・BBS・EXPRESS】--------------------文芸掲示板のかわら版----------------------◇


「群系掲示板」           http://8614.teacup.com/snagano/bbs

「関東文芸同人誌交流会の掲示板」  http://9301.teacup.com/douzinnnzassi/bbs


根保孝栄の文芸掲示板        http://6909.teacup.com/nebo/bbs


全国文芸同人誌評掲示板       http://6928.teacup.com/377612377612/bbs



「カプリチオ掲示板」        http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs


 

塚田吉昭『名越切通』

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 8月13日(日)20時43分2秒
返信・引用 編集済
  ■「カプリチオ」掲示板小説 第二弾を開始いたしました。

作品は、塚田吉昭『名越切通』(なごえ きりどおし)です。
『カプリチオ』7号(2005年11月)掲載作品となります。
http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs



            『名越切通』


知念から結婚をしたので一度遊びに来てくれと電話をもらった。
四十過ぎまで絵ばかり描いて気ままに暮らしてきたのだから、結婚をするなど思いもよらなかった。
わたしの画廊に絵を持ち込んできて親しくなった友人で、どんな女と一緒になったのか興味もあったので、
さっそく出かけた。

 駅前で土産の肉を買って知念の家へ向かった。
竹林の道を過ぎると少し上り気味になる。
土くれが目立ってきて両側の木立ちも深くなり鬱蒼としてくる。








                          《カプリチオ ARCHIVE》
                    http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs/107


 

根保孝栄の文芸掲示板立ち上げ  新刊本・同人雑誌どんどん送って下さいね・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 8月11日(金)23時24分57秒
返信・引用 編集済
  ・「根保孝栄の文芸掲示板」立ち上がりました。

・「全国文芸同人誌評掲示板」http://6928.teacup.com/377612377612/bbs も出発です。

 ・手始めに「群系」38号の秀逸な短編小説「青いアネモネからの風」の感想書きました。

・お知らせします。

・同人雑誌、新刊本は送ってください。


  053-0011  苫小牧市末広町1-12-1-920 石塚方 根 保 孝 栄

  電話・fax  0144-33-1284

http://6909.teacup.com/nebo/bbs/6

 

携帯小説ならぬ掲示板小説

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 8月 5日(土)20時35分21秒
返信・引用 編集済
  【Trance・BBS・EXPRESS
-------------文芸掲示板のかわら版------------------------------------------------------

「群系掲示板」           http://8614.teacup.com/snagano/bbs

「関東文芸同人誌交流会の掲示板」 http://9301.teacup.com/douzinnnzassi/bbs

「カプリチオ掲示板」        http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs

                  携帯小説ならぬ「掲示板小説」、始めました。
                  「カプリチオ」誌に、過去に掲載された作品から、
                   "再発掘"しております。




--------------------以下は第一回目のサンプルです--------------------------------------------------------


『月下美人』〈1〉 谷口葉子 《カプリチオ ARCHIVE》より


                          1999年2月「カプリチオ」10号掲載





月下美人の花は、夏の夜の二時間しかいきない。
白いぼんぼり状のつぼみを茎のところでもぎとり、室内で水なしでつるしても、その夜のたったの二時間をなんともいえない高貴な匂いを発散して、もよもよもよと生きる。

もよもよというのは、ぼんぼり状の花びらの上にかかる数本の茶色の筋が、白い花びらとともに動きながら、大輪のばらとも牡丹ともちがうふぜいで咲くのである。
美しいといってもいいのだが、どこか怪しくもある。
この花を鍵状に折れ曲がった茎のところで切って、初めて手渡してくれたのは、長いこと顔は見知っていても名前の知らないあの男だった。


 湘南の海辺近くにある父親の残してくれた別荘へ私が行くのは、このところ夏と冬の数日である。
まだ若いといっていい三十代、四十代のころは友人たちにも声をかけて、この別荘は役にたつ賑いのセカンドハウスだった。
スペイン語専門の翻訳業を仕事にする夫のいち矢は、この別荘を仕事場として、なかなか東京のマンションの部屋へ帰らなくなった。

私は私で夫に出会う前から父親の経営するブティックを手伝っており、父親が死んでから責任のある激務に追われ、東京の部屋は私の住い、湘南の別荘はいち矢の住いといったくわけがぼんやりとできていったのも事実だった。

思いもかけないことに、五十歳になってすぐいち矢を亡くした私は、急だったこともあって衝撃から立ち直れず、ましてやいち矢の暮しの匂いの残る別荘へ、足を運べなかった。

                                     (続く)



『月下美人』谷口葉子 第一回目
http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs/109


『月下美人』 二回目以降はこちらから
http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs




 

『風?』のご批評について

 投稿者:岩本俊夫  投稿日:2017年 7月26日(水)18時46分42秒
返信・引用
   『風?』37号の作品を取り上げてくださり、感謝しています。
 紀田祥の小説「一粒一粒のぶどう」について「主人公の心を影絵のように紡ぐ」と評されたことにハットさせられました。その的確な表現を噛み締めた次第です。
 また、私の連載小説「みどりばの子どもたち」に対して「児童養護施設の問題点を炙り出す」と述べられ、さらに、小説の連載は年数回の発行では「読者がついていくのに苦労する」ので、子どもたちと施設の職員がおりなす「諸問題のひとつだけ取り上げて短編に仕立てると、読者への訴えが鮮明に単純化できる。」と提言されました。
 私としては、連載の難しさをなんとか改善できないかと考え、毎号粗筋を載せているのでが、それも限界があることに気づいています。でも、混迷する世界の中で、一人一人の人間が他とどう関わっていくか、世界に触れていくのかという問題意識をもって書き進めたいのです。これは書き手の我が儘かも知れません。読者のご「苦労」に半ば目をつぶっていこうと思っているのですから、失礼ですが・・。
 田中史の詩に触れて、すてきな短歌を作っていただきました。
 ※ イメージの流れと色合ひ染めてゆく詩人の魂春野に響かふ
 これは、ちょっと驚きです。いわゆる作品評の中では、独創的な手法ですね。根保・石塚さんならではの作品評だと思います。これからも、ぜひ続けてください。    7月26日


 

(無題)

 投稿者:関東外同人誌愛好者  投稿日:2017年 7月25日(火)10時51分1秒
返信・引用
  関東、群系、カプリチオの板をそれなりに読み込んだ上での、素朴な疑問でした。
乱暴に言えば、私たちは「文学する人」「文芸する人」「文学も文芸もする人」の三種に、大きく分かれるのではないかと思います。ですから、「文学も文芸もする人」の根保さんの意見や評に、耳を傾け、教えをいただいてきた訳です。(意見終わり)
 

こんなプロジェクトを考えました

 投稿者:草原克芳  投稿日:2017年 7月25日(火)07時15分18秒
返信・引用 編集済
  >いい作品は一同人誌で言い合うだけでなく、同人誌をいわば横断するかたちでの作品評、
 書評が不可欠だと存じます。何も活字で評するだけではなく、ネット時代、こうしたsnsを通して
 評価し合うのも有効な手でしょう。(永野氏コメント)


■時代はシェアと相互交流の時代。
全体的な文学不振の折り、文芸掲示板も、創造的活性化と全体的な底上げをめざして、横断的になる時代。
こんなプロジェクトを考えました。

【Trance・BBS・EXPRESS】------------------------------------------

「群系掲示板」           http://8614.teacup.com/snagano/bbs
「関東文芸同人誌交流会の掲示板」 http://9301.teacup.com/douzinnnzassi/bbs
「カプリチオ掲示板」        http://6910.teacup.com/capricciolitera/bbs
  ↓

(今後、≪トランス掲示板エクスプレス≫プロジェクトとして、以下に、次々と文芸掲示板のURLをくわえていく予定。
 一定のタイミングを置いて、貼りつけます。)

---------------------------------------------------------------------------

本プロジェクトの主題歌は
【Trans Europe Express/Kraftwerk】
https://www.youtube.com/watch?v=gj_scseCmkk
■かのYMOをインスパイアした、ドイツのテクノバンド、クラフトワーク、ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF




 

レンタル掲示板
/83