teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:15/1646 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

結愛ちゃんの伝えてくれたこと

 投稿者:管理人 iPad 6854  投稿日:2018年 6月14日(木)02時10分45秒
  通報 返信・引用 編集済
     結愛(ゆあ)ちゃんの事件から一週間が過ぎるというのに、マスコミでは未だに彼女のことが取り上げられている。昨日になるが、NHKのニュースでも、目黒の住まい跡に花や菓子を添えて祈りに訪れる人が絶えないということを伝えていた。結愛ちゃんの「ゆるして」というメッセージは、その文を読むたびに胸が締め付けられる、自分たち大人が何もしてあげられなかった、という悔悟の念が生じると人々は言う。たしかに、あのノートに書いたメモはそれを読む捜査員さえ涙したということだ。ニュースで読み上げた女性キャスターも途中でむせんで最後まで読めなかった。それほどに、五歳の女の子の“反省文”は人々の心をうった。まず、このことに留意したい。

    父の暴力を母はどうして止められなかったのか、なぜ実の子をかばうことができなかったか、という疑問に、いや母親も夫の暴力が怖かったのだろうという意見を聞いた。そんなものか、と驚いた。実は父の暴力も、その弱さがなせるわざだ、という意見もあった。香川から上京しても、彼に仕事はなかった。社会的な弱者がそのしわ寄せを、その最も弱いものに向けた、という見解であった。たしかに、事件を単に父がわるい、母も悪い、と言っているだけでは、こうした虐待死はこれからも避けられないだろう。もっと根本的なこと、弱い弱者が、追い詰められないような、地域の連帯、協力関係を作っていくことが、この問題を防止する、まず最初の一歩であるべきだろう。
   それにしても、その地域の連帯の一つとなるべき児童相談所はきちんと機能していたか、という問いに対しては、いや人員も少ない中で、ほとんど自主的には動いていなかったのではないか、という見方もある。香川から東京への転出についても、児相の引き継ぎが有効に機能していなかったということだ。しかし、それでは、幼稚園はどうだったのか。結愛ちゃんの通っていた幼稚園での写真もある(下参照)。幼稚園で、彼女の異変に気づかなかったのか、という問いも生ずる。

    まあ、これから捜査も進んでいくだろうが、いたいけな彼女がわれわれ大人を感動させたこと、かわいそうと涙させたことは、このある面無機的な社会、世間において大事なこと、人間っていうもののありようを気づかせてくれたことは事実のようだ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/1646 《前のページ | 次のページ》
/1646