teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


また会う日まで

 投稿者:滝下 修  投稿日:2015年 9月22日(火)10時16分20秒
返信・引用
  皆さん、ありがとうございました。あっという間に時間が過ぎてしまい、まだまだ話足りなかった人も多かったのでは?と心残りですが、次回の楽しみとしましょう!
『5年間は、過ぎてみると、いつも、あっという間です。』
 
 

同窓会お世話になりました

 投稿者:中島さとみ  投稿日:2015年 9月21日(月)23時30分39秒
返信・引用
  久しぶりにみんなに会えてすっかり中学生に戻ってしまいました?呼び名もスラスラ出てきてビックリ?大変楽しかったです?幹事さんお疲れ様でした。還暦に会えるのを楽しみにしています
?
 

大雪

 投稿者:おおはら  投稿日:2014年 2月18日(火)11時09分33秒
返信・引用
  群馬のみなさn大雪は大丈夫でしたか?  

暇です

 投稿者:大原 明弘  投稿日:2012年 6月22日(金)15時19分0秒
返信・引用
  昨年の12月に人事異動があり、専門外の職場へ異動になり、若い子相手に孤軍奮闘と行きたいが、勝手が違う職場で・・・・・

みなさん元気ですか?
 

昭和51年卒 大胡中学校 同窓会アドレス

 投稿者:木嶋 歳男  投稿日:2011年 1月10日(月)18時10分26秒
返信・引用
  昭和51年3月に、大胡中学校を卒業した皆さんのコミュニケーションのためのホームページは次のアドレスです。

http://dousou.ebara.tv/
 

上毛新聞の19面の「同窓万歳」欄に同窓会の記念写真が掲載されました。

 投稿者:木嶋 歳男  投稿日:2010年11月 7日(日)14時55分35秒
返信・引用
  10月15日(金)上毛新聞の19面の「同窓万歳」欄に同窓会の記念写真が掲載されました。

ひと言に「35年前にタイムスリップ、そしてバック・トゥ・ザ・フューチャー」と書いたのですが、
映画の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なのですが、
ちょっと変わった意味があるそうです。ネットの書き込みを引用しますと、
普通に訳すと「未来への帰還」なのでしょうが...。
”ところがこの言葉の本来の意味は違うらしい。以前なにかで読んだのだが、バックは背中の意で「人は後ろ向きに未来に入っていく」という意味だという。人に未来は見えない、見えているのは過去と現在だけだというのだ。
(積水化学工業社長 大久保尚武氏の投稿より)”
 

牛久保 結紀さんの記事(上毛新聞)

 投稿者:木嶋 歳男   投稿日:2010年 8月24日(火)01時12分29秒
返信・引用 編集済
  2010年8月22日(日)上毛新聞に牛久保 結紀さんの記事が掲載されてましたのでお知らせします。  

著者・著書の紹介

 投稿者:木嶋 歳男  投稿日:2010年 8月18日(水)17時01分54秒
返信・引用 編集済
  C組の牛久保 結紀(旧姓:狩野)さんが、出版された本『支えられて~ALS療養者になって~』をご紹介いたします。詳細は、下記の電子書籍ライブラリをご覧下さい。ちょっとだけ "立ち読み" 出来ます。後で、本 1260円(文芸社)を購入していただければ幸いです。少しだけ、中学時代のエピソードも書いてありますよ。

クリックして下さい。↓
http://www.boon-gate.com/cgi/search/details.cgi?id=13411
 

会葬後記

 投稿者:木嶋 歳男   投稿日:2010年 8月12日(木)12時47分59秒
返信・引用
  2005年9月28日に、D組の岩丸精一君が心筋梗塞で亡くなられ、30日に前橋市の天国社で葬儀、告別式がありました。滝窪小、D組、剣道部の方が会葬されておりました。残念ながら、岩丸君は同窓会に一度も出席されずに逝ってしまいましたが、告別式には同窓会に出席されていない方も見かけられ、第二の同窓会のようでした。
葬儀の席というのは、故人が最後に皆にプレゼントしてくれる出会いの席だと聞いた事があります。確かにその通り、一人とは永遠に会えなくなる代わりに、残りの皆が会う機会が生まれるのです。そして、葬儀の席は、自分の死を覚悟する席。謹んで岩丸精一さんのご遺徳を偲び、心から哀悼の意を表します。 2005.10.08
 

レンタル掲示板
/1